健康保険病院労働組合(健保労組)
健保労組の紹介
 HOME
 健保労組とは
 あなたも健保労組へ
健保労組の取り組み
 医療と労働条件の改善運動
 売却・廃止反対運動
 活動アルバム
 予定表
組合員のページ(会員専用)
 関連リンク
 こんな時あなたはどうする?
相談・お問い合わせ
健康保険病院労働組合
〒110-0013
 東京都台東区入谷1-9-5
        医療労働会館7階
 TEL 03-3875-2848
 FAX 03-3875-2911

地図はこちら

ひとりでも加入できる健保労組  メールアドレス kenpo-1954@kfz.biglobe.ne.jp  電話番号:0338752848  健保労組は患者さんが安全・安心に、私たち職員が安心して働ける職場づくりをめざしています。 お気軽にご相談ください。


【東京・北区発】
北区議会、『東京北社会保険病院の機能拡充に関する意見書』を採択

2007年12月7日

 2007年12月7日、東京都北区議会において『東京北社会保険病院の機能拡充に関する意見書』が採択されました。
 全国の意見書等を提出した自治体、医師会、首長などの数は305になりました。
※一覧はこちら

【採択された意見書の内容】

東京北社会保険病院の機能拡充に関する意見書

 本年十一月、三百五十床の東十条病院は廃止手続きに入った。これに加え、国が、社会保険庁の解体及び、社会保険病院等の廃止・売却の方針を決めたことにより、東京北社会保険病院の今後について、患者・住民・関係者の医療不安が急速に広がっている。
 いうまでもなく、東京北社会保険病院(十八診療科目・二百八十床)は、当地にあった国立王子病院の後医療として国が土地と建物を提供、介護老人保健施設を併設し、健康・福祉の拠点として平成十六年に開設した。
 それは、政府の国立医療機関の再編計画の発表されたのち、二十年にわたる地域の総合的な医療の確保を求める区民運動がねばり強く行われたもとで、結実したものである。
 開設後四年が経過したが、運営にあたった社団法人地域医療振興協会と住民との関係強化のなかで、患者数は上昇をつづけ、救急・小児医療、産科などは著しい成果をあげ、本年度は老人保健施設と合わせ、病院経営も安定している。
 このようなもとで、いま区民が求めているのは、十八あるすべての診療科目の医療機能の拡充により、地域医療を万全なものにすることにある。
 よって、本区議会は政府に対し、医療不安をなくし、安心して医療を受けられるように、東京北社会保険病院の機能拡充を強く求めるものである。
 右、地方自治法第九十九条の規定に基づき、意見書を提出する。

  平成十九年十二月七日





                             東京都北区議会議長 永 沼 正 光


内閣総理大臣    福 田 康 夫 殿
厚生労働大臣    舛 添 要 一 殿
社会保険庁長官  坂 野 泰 治 殿
   

このページの上部へ
戻 る

Copyright (c) 2007 kenpo-rouso. All rights reserved