健康保険病院労働組合(健保労組)
健保労組の紹介
 HOME
 健保労組とは
 あなたも健保労組へ
健保労組の取り組み
 医療と労働条件の改善運動
 売却・廃止反対運動
 活動アルバム
 予定表
組合員のページ(会員専用)
 関連リンク
 こんな時あなたはどうする?
相談・お問い合わせ
健康保険病院労働組合
〒110-0013
 東京都台東区入谷1-9-5
        医療労働会館7階
 TEL 03-3875-2848
 FAX 03-3875-2911

地図はこちら

ひとりでも加入できる健保労組  メールアドレス kenpo-1954@kfz.biglobe.ne.jp  電話番号:0338752848  健保労組は患者さんが安全・安心に、私たち職員が安心して働ける職場づくりをめざしています。 お気軽にご相談ください。


【静岡発】
静岡県医師会・静岡市清水医師会、
『社会保険桜ヶ丘総合病院の存続・早期移転に係る陳情書』を提出

2007年2月

 2007年2月、静岡県医師会と静岡市清水医師会は『社会保険桜ヶ丘総合病院の存続・早期移転に係る陳情書』を厚生労働大臣に提出しました。

【提出された陳情書の内容】

厚生労働大臣
   柳澤 伯夫 様

社会保険桜ヶ丘総合病院の存続・早期移転に係る陳情書

                                       静岡県医師会会長
                                          岡田 幹夫

                                      静岡市清水医師会会長
                                          池田 米繁

平成19年 月 日

 厳寒の候、貴職におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 日頃、医師会の活動について絶大なるご配慮を賜り、心から厚くお礼申し上げます。
 さて今年度末、国におかれましては社会保険病院整理合理化計画を取りまとめられるとお聞きしておりますが、静岡県医師会・静岡市清水医師会は、静岡市民の健康を守る為、社会保険桜ヶ丘総合病院の存続と早期移転について陳情申し上げます。
 静岡市清水区の保健・医療については、桜ヶ丘総合病院を含めた公的3病院が基幹病院となり医師会と協力し地域医療を担っております。この公的3病院は二次救急医療・災害時の救護病院を担当し、また、桜ヶ丘総合病院は、医師会と良好な病診連携など地域の医療に大きな役割を果たしているところであります。この桜ヶ丘総合病院が地域の医療で担う役割を十分ご理解いただき、地域医療発展の為、病院存続を強く要望いたします。
 また、現在の桜ヶ丘総合病院の建物は、昭和30年代に建設され、既に40年以上経過しております。老朽化や狭隘化が進み、今後予想される東海地震など防災対策や耐震面での問題があり、地域の住民からも早期の移転新築が強く求められております。平成13年移転用地が確保され、移転間近なところでありましたが、「社会保険病院の在り方の見直し」により移転計画が中断し、耐震対策も進められないまま現在に至っております。市民が要望している移転新築を早期に実現し、中核病院として更なる機能の充実を図れるよう要望します。
 以上、静岡県医師会・静岡市清水医師会は、地域住民の健康を守る為に社会保険桜ヶ丘総合病院の存続・早期移転新築を連名でお願い申し上げます。

このページの上部へ
戻 る

Copyright (c) 2007 kenpo-rouso. All rights reserved