健康保険病院労働組合(健保労組)
健保労組の紹介
 HOME
 健保労組とは
 あなたも健保労組へ
健保労組の取り組み
 医療と労働条件の改善運動
 売却・廃止反対運動
 活動アルバム
 予定表
組合員のページ(会員専用)
 関連リンク
 こんな時あなたはどうする?
相談・お問い合わせ
健康保険病院労働組合
〒110-0013
 東京都台東区入谷1-9-5
        医療労働会館7階
 TEL 03-3875-2848
 FAX 03-3875-2911

地図はこちら

ひとりでも加入できる健保労組  メールアドレス kenpo-1954@kfz.biglobe.ne.jp  電話番号:0338752848  健保労組は患者さんが安全・安心に、私たち職員が安心して働ける職場づくりをめざしています。 お気軽にご相談ください。


【高知発】
存続・発展を願い、120名を超える住民らが集まる!

厚生年金高知リハビリテーション病院の存続・発展を願う会1周年総会

2006年8月8日

【存続・発展を願う会ニュースより】

 厚生年金高知リハビリテーション病院の存続・発展を願う会1周年総会が、7月30日に開かれ、会場の同病院健康管理センターには120名を超える人たちが集まりました。
 野口会長は、署名など1年間の取り組みへの感謝を述べるとともに、「私たちの運動もあって出資計画はでていないが、楽観はできない」と更なる運動への協力を呼びかけました。
 桑原病院長が存続運動への感謝と「地域のみなさまの健康と命を守るという当院の理念を貫いていきたい」と決意を述べました。
 来賓の高知県腎臓友の会、松下会長が「保養施設など他の年金施設と病院を一緒にしてもらっては困る。この病院を存続・発展させるためにともにがん
ばりましょう。」と呼びかけました。
 橋本県知事、岡崎高知市長、各地の守る会から連帯のメッセージが寄せられました。続いて守る会の全国情報連絡センターの丸山幹事長が全体の経過報告、国会をめぐる情勢、さらには年末にかけて予断を許さない情勢であるなどの報告を行いました。
 そして、総括と方針の提案、会計報告、新役員を選出しました。フロアーからは、病院や願う会に対する意見もいただきました。
 つづいて、同病院の山田光俊医師が「メタボリックシンドロームについて」の特別講演を行いました。
 最後に、浜田副会長が閉会の挨拶をし、「リハビリテーション病院の存続・発展のためには、この会の団結が大きな力になります。ご協力をお願いします。」と呼びかけ盛会のうちに終了しました。
 尚、会場のみなさまからいただいたカンパは、59,850円にもなりました。
 ほんとうにありがとうございました。
 これからも「病院の存続・発展」のため頑張りましょう。
このページの上部へ
戻 る

Copyright (c) 2007 kenpo-rouso. All rights reserved